趣味の方へ

HOME > 趣味の方へ > 菊作りニュース

菊作りニュース

菊の育種の歴史

2012年10月23日 【菊の栽培方法】

菊は8~9世紀ごろ中国より日本に伝えられたされています。当初は宮中をはじめとする一部の階級層の間で観賞用の花とともに薬用として用いられていました。桃山時代になり、白色の花だけの菊に黄色や桃色と言った新しい色が生まれてきました。そして江戸の元禄期に菊は広く庶民の間に普及し、今日に見られる日本独自の多くの品種が生まれてきたのです。19世紀に入りこの多様な菊が欧米に渡り、ヨーロッパでスプレー菊、アメリカではポットマムが生み出され、日本をはじめとする世界各地で切り花、鉢物や花壇花として改良が進み、世界三大花のひとつとされる今日の菊が作り上げられたのです。

懸崖、盆栽菊

2012年10月22日 【菊のあれこれ】

re.jpg

よく伸びる山菊を摘芯して作るのが特徴で、日本古来の菊として古くから作られていました。その仕立て方から前垂れ型や静岡型に仕立てる大作と盆栽や根付などに仕立てる小作に分けられます。

クッションマム

2012年10月22日 【菊のあれこれ】

re.jpg

クッションマムは植付後の摘芯をしなくても柳芽を繰り返しつけることによって自然に枝分かれをし、丸くなるタイプの菊です。栽培の手間がかからず簡単にお花を楽しんでいただけます。植え方により一面にカーペット状に作ることも出来ます。

江戸菊

2012年10月22日 【菊のあれこれ】

re.jpg

その名のとおり江戸において発達した花で、一度平らに咲き中心の花弁から順に立ち上がり折れたり曲がったりして組み抱えるのが特徴です。花弁の組み抱え方で分けられています。

肥後菊

2012年10月22日 【菊のあれこれ】

re.jpg

肥後地方(今の熊本県)で発達した花で、長く門外不出とされていました。花形は一重咲きですが、平弁や管弁やさじ弁と様々な花弁があり、色彩も鮮やかなのが特徴です。

伊勢菊

2012年10月22日 【菊のあれこれ】

re.jpg

伊勢、伊賀を中心に発達した花で、分類上は嵯峨菊の変種と扱うのが定説になっています。その花は細長い花弁が裂けたり縮れたりして垂れ下がり、座して見るために発達したとされています。

嵯峨菊

2012年10月22日 【菊のあれこれ】

re.jpg

糸のように細い花弁がまっすぐに立ち上がって茶筅のような花形で咲くのが特徴で、近年はポットマムに仕立てられ再び人気が高まっています。諸説はありますが京都の嵯峨野を中心に発達した花とされています。

大掴み咲

2012年10月22日 【菊のあれこれ】

re.jpg

走り弁は垂れ下がり、中心に向けて強く握り締めた拳のように盛り上がるその豪快な花形が特徴で、東北地方で発達したため"奥州菊"と呼ばれることもあります。

一文字咲

2012年10月22日 【菊のあれこれ】

re.jpg

幅広の舟底形をした花弁十数枚が平たく咲くのが特徴で、その花の形から"御紋章菊"、"広物"、"広熨斗(ひろのし)"とも呼ばれています。

管物咲

2012年10月22日 【菊のあれこれ】

re.jpg

細長い管弁が放射状にまっすぐ伸び、傘を広げたように咲くのが特徴で、その花弁の太さによって"太管"、"間管"、"細管"、"針管"の4つの段階に分けられています。

1|2|3|4|5

 

このページの先頭へ