趣味の方へ

HOME > 趣味の方へ > 菊作りニュース

菊作りニュース

厚物咲

2012年10月22日 【菊のあれこれ】

re.jpg

一般に大菊といえばこの花を指す代表的な花です。数百枚の花弁が中心の一点に向けて、重なり合い鱗状に整然と組み上がり半球状に咲くのが特徴。また特に一番外側の花弁が長く突き出るものを厚物と区別して"厚走り"と呼んでいます。

風車菊

2012年10月22日 【菊のあれこれ】

re.jpg

マムの変り咲の代表品種です。花弁がスプーンのようになっており風を受けて回る風車のように見えることから名前がつきました。品種により管弁の部分と平弁の部分の色が違っているものもあり、新しい花色・花形が期待できる品種です。

小輪咲(サンティニ)

2012年10月22日 【菊のあれこれ】

re.jpg

花の大きさが2~3㎝とスプレー菊の中では小輪のかわいらしい品種です。小菊より色鮮やかで花付きが大変良くのが特徴です。色の種類も増えており、開花も早いため大変喜ばれます。

ポンポン咲

2012年10月22日 【菊のあれこれ】


re.jpg

咲き進むにつれ丸くなるマムの代表品種です。花保ちは良く、アレンジメントでも主役になれる愛らしい姿をしています。色の種類も豊富でファンの方が多い品種です。

デルフィマム

2012年10月22日 【菊のあれこれ】

re.jpg

精興園オリジナル品種。長年の品種改良により生み出された精興園にしかないオリジナル品種です。スプレー菊は頂点から花が咲きますがデルフィマムはデルフィニュームのように下から咲きあがります。新しい花色・花形が期待できる品種です。

アネモネ咲

2012年10月22日 【菊のあれこれ】

re.jpg

咲き進むにつれ中心が盛り上がり、形、色の変化を楽しんでいただける花形です。花の大きさにより一輪仕立てに向いているものもあります。

花保ちは非常によく、色の種類も豊富です。

管咲・スパイダー咲

2012年10月22日 【菊のあれこれ】

re.jpg

管状の花弁が多く隙間無くつまり、花の中でも変わった咲き方をします。アレンジメントにも大変好まれ、色の種類も多くあります。中心がアネモネ咲きになったものや、小輪系のものもあります。

デコラ咲

2012年10月22日 【菊のあれこれ】

re.jpg

花弁数が多く隙間無く詰まっており、花の大きさも8~10cmとなるボリュームのある咲き方をします。花保ちも非常によく花色も多くあり、近年ではアレンジメントやブライダルのお花としても重宝されています。

スプレー

2012年10月22日 【菊のあれこれ】

re.jpg

スプレーは花の姿を表しており、上部で枝が分岐し、花を多く付け頂点から咲き始める特徴があります。花の大きさも6~8cmと小菊より大きく色鮮やかで、花保ちも良いのが特徴です。

花の形によりデコラ咲・管咲・ポンポン咲等多種多様です。

スプレーについて詳しくはこちら

菊の品種ができるまで

2012年10月22日 【菊の栽培方法】

交配親の栽培交配親の栽培 交配親の栽培交配親の栽培 発芽発芽
       
検定検定 定植定植 定植定植
       
新品種新品種 枝変わりによる新品種枝変わりによる新品種    

菊は新しい品種を生み出す方法として交配育種の手法を用いています。交配の時期にあわせて親木の選定、栽培が行われます。受粉が成功し受精すると、2ヶ月程度で種子が実ります。これを交配親の開花時期を考慮して播種を行い、適度に生長した実生を圃場に移植し花を咲かせます。その中から特に目に留まる有望な品種を選抜して、数年かけていくつもの検定(例えば花や木姿、生育の良否、病虫害への抵抗性、そして人工気象下での栽培可否など)を行い、その中から選りすぐられたわずかな品種が新しい品種として世に送り出されます。

また菊では昔から交配育種以外に『枝変わり』という現象により品種が生まれることもありました。この『枝変わり』は広い意味での突然変異の一つと考えられ、現在ではX線やγ線などの放射線を用いて、積極的にこの『枝変わり』を起こして、有望な品種を生み出す方法も行われています。菊の場合多くはその花色の変化に利用され、当社ではその花色が数十色もあるセイローザシリーズ(ヨーロッパではレーガンシリーズ)が世界で高い評価を得ています。

<< 1|2|3|4|5

 

このページの先頭へ