趣味の方へ

HOME > 趣味の方へ > 菊作りニュース

菊作りニュース

灰色かび病

2011年11月11日 【菊の病害虫】

病状:
花・葉・茎に発生します。葉では最初水浸状で褐色の病斑が発生。その後カビがはえます。花では花弁が褐色になり、その後灰色のカビがはえます。


発生時期:
やや低温で多湿になると発生しやすくなります。


防除方法:
発病株の廃棄処分。低湿度を保つ。通風をよくする。


薬剤:
ジマンダイセン、エムダイファー、ゲッター、フルピカ、アフェット、ポリオキシンAL、セイビアー

アブラムシ類

2011年11月11日 【菊の病害虫】

kikusuikamikiri-1.jpg kikusuikamikiri-2.jpg
 


キクに寄生するアブラムシには、ワタアブラムシ、キクヒメヒゲナガアブラムシなど多くの種が存在します。


形態:
体長は1mm~3mm程度です。体色は黄色・緑色・赤褐色など変化に富みます。年間を通じて発生し、特に春先から晩秋にかけて寄生が多くなります。


被害:
主に新芽や葉裏に群がり吸汁するため、葉を黄変・萎縮させます。排泄物(甘露)ですす病が発生したり、ウイルスを伝搬します。花の中でも繁殖するために、著しく外観を損ねます。


防除方法:
開花以降に花の中まで侵入した虫を駆除することは非常に困難なため、蕾がつくまでの防除を徹底することが重要です。銀白色マルチ、防虫ネットを使用し、飛びこみを防ぐ事も有効です。


薬剤:
アドマイヤー、アーデント、マラソン、モスピラン、ベストガード、ロディー、ハチハチ

アザミウマ(スリップス)類

2011年11月11日 【菊の病害虫】

slippus.jpg

(写真をクリックすると拡大できます。)



キクを加害するアザミウマ類は、主にヒラズハナアザミウマ、ミナミキイロアザミウマ、ミカンキイロアザミウマ、ネギアザミウマ等です。

 
形態:
体長は1~2mm、体色は黒褐色から淡黄色です。3~11月に発生し、5~9月の高温乾燥期に急増します。新芽や蕾の中によく生息します。


被害:
成虫が新芽を加害します。展開葉がケロイド状に萎縮、奇形になります。花を加害した場合、花色が退色します。また、えそ病(TSWV)や茎えそ病(CSNV)を媒介します。


防除方法:
定期的な薬剤散布が必要です。また、タイベックや防虫ネットを使用し、外からの飛び込みを防いだり、青色もしくは黄色の粘着板をハウス内に設置し、早期発見および捕殺に努めることも有効です。


薬剤:
アファーム、オルトラン、オンコル、カスケード、コテツ、スピノエース、ベストガード、マッチ、モスピラン、ハチハチ、プリンス

ハダニ類

2011年11月11日 【菊の病害虫】

kikusuikamikiri-1.jpg kikusuikamikiri-2.jpg kikusuikamikiri-2.jpg

成虫
 
成虫と蜘蛛の巣状
 
成虫と卵
 


キクに加害するハダニは、ナミハダニ、カンザワハダニ等です。


形態:
体長は約0.5mmです。3月~10月に発生し、高温乾燥期に多く発生します。


被害:
主に葉に寄生して汁を吸うために、白い小斑点が生じます。ハダニが大量発生すると葉や花にクモの巣が張ったような状態もみられます。被害が進行すると、落葉してしまうこともあります。


防除方法:
大量発生する前からの定期的な薬剤散布を行いましょう。特にダニは薬剤抵抗性が付き易いので同一薬剤の連用は控えましょう。また、ハダニは葉裏に寄生していることが多いので、は裏にも薬剤がかかるようにしっかり散布することが有効です。


薬剤:
アーデント、オサダン、カネマイト、コテツ、サンマイト、ダニトロン、ピラニカ、ペンタック、スターマイト、マイトコーネ、コロマイト

ハモグリバエ

2011年11月11日 【菊の病害虫】

ハモグリバエの幼虫の食害 ハモグリバエ吸汁痕

ハモグリバエの幼虫の食害
 
ハモグリバエ吸汁痕
 


地域によってはエカキムシと言われることもありますが、これはハモグリバエが加害しています。加害するハモグリバエには、主にナモグリバエとマメハモグリバエの2種類がいます。


形態:
体長約2mmの小さなハエです。


被害:
幼虫が葉肉を食害し、葉に長い蛇行線状の食害痕がのこり、外観を損ねます。4月頃~11月頃に発生します。


防除方法:
被害葉は見つけ次第摘除し、圃場から持ち出して処分します。圃場内や周辺の除草を徹底しましょう。黄色粘着板を圃場に設置することにより、早期発見できます。


薬剤:
オルトラン、カスケード、トリガード、コロマイト、ダントツ
これらの薬剤を散布すると葉内の幼虫は死亡するが蛹には殺虫効果がないので、しばらくすると再び発生する場合があります。このような時は数回の散布が必要です。

キクスイカミキリ

2011年11月11日 【菊の病害虫】

kikusuikamikiri-1.jpg kikusuikamikiri-2.jpg

キクスイカミキリ被害株
 
キクスイカミキリ被害部位
 


 

形態:
体長約1cmです。黒から黒灰色です。頭の下方に赤燈色の斑紋があり、腹部は燈色です。

 

被害:
4月から6月の産卵期に伴い、茎の先端から約10cmの下方の部位にかみ傷を付けます。傷に産卵する為、傷から上部が萎れます。産卵された卵から孵化した幼虫が髄部を食害し根部まで降りていき成虫になります。この食害により株全体が弱り、枯死していきます。


防除方法:
成虫飛来期(4月~6月)に成虫は捕殺し、産卵部は早めに切除しましょう。発生後の有効薬剤は無いため、ヨモギなどの雑草や菊の古株等、発生源を絶ちましょう。

チョウ目害虫

2011年11月11日 【菊の病害虫】

キクに対して加害するのはハスモンヨトウ、オオタバコガ、ハマキムシ類、ヤガ類などの幼虫です。


形態:
個々によって体長、体色は様々です。


被害:
ハスモンヨトウ
若齢幼虫は表皮や葉脈を残して葉や芽を食害します。中齢幼虫以降は葉・蕾・花も食害します。


オオタバコガ
若齢幼虫は新芽を食害するため芯止まりを起こします。2齢幼虫以降は葉・蕾・花も食害します。


ハマキムシ類
発生初期から新芽や葉のふちを食害します。


この他、葉の中央部からかすり状に食害をするヒメトガリノメイガ、中期以降は葉縁から大きく食害するキクキンウワバ、そしてキクの地際部を食いちぎるように食害をするカブラヤガなどがあげられます。


防除方法:
基本的には、成虫の飛来の防止、定植前に土壌への粒剤散布そして発生初期の薬剤散布が防除の中心となります。発見が遅れ老齢幼虫になると薬剤が効きにくくなるため防除が困難になります。


薬剤:
アファーム、フェニックス、スピノエース、プレバソン、マッチ、プレオ

紋々病

2011年11月11日 【菊の病害虫】

 

monmonbyo.jpg

紋々病と一般では言われていますが、これはキクモンサビダニというダニの一種が加害しています。


形態:
雌成虫の体長は0.2mm前後です。淡黄色の細長い体形をしています。 成虫で越冬します。


被害:
葉に直径数mm~数十mmの淡黄色の輪紋や線状の症状が現れます。主に新葉に生息し、展開し始めた葉での生息密度が高くなります。葉の若いうちに加害され、のちに加害痕が目立つようになるために症状のある葉を捜してもキクモンサビダニは見つかりません。


防除方法:
高温乾燥を好む性質があり、5月頃と秋に多く発生します。早期からの防除が効果的です。また、発病した株からは採穂しない方がよいです。


薬剤:
発病後の有効登録薬剤はありませんが、ハダニ類との同時防除が期待できるのでハダニ類対策薬剤を定期的に散布しましょう。
 

菊の祖先(ルーツ)

2011年11月11日 【菊の雑学】

01.jpg現在栽培されている菊は、いつごろどこで誕生したかについては多くの意見があります。
牧野富太郎博士は菊の原種はノジギクであるとしました。
北村四郎博士は中国の中部で約1500年以前にチョウセンノギクとシマカンギクの交雑によってできたと結論しています。

菊は王者のしるし

2011年11月11日 【菊の雑学】

02.jpg日本へは奈良時代に中国より渡来し、多くの中国文化を取り入れた宮中や上流社会で栽培鑑賞されました。鎌倉時代の後鳥羽上皇は大の菊好きで、衣服や様々の調度品に菊の文様を使われたことから次第に菊紋は天皇家のシンボルとなりました。明治元年に菊花が改めて皇室の紋章に定められ、それ以後は皇族以外の使用が禁止されました。

<< 1|2|3|4|5

 

このページの先頭へ