趣味の方へ

HOME > 趣味の方へ > 菊作りニュース > 菊の病害虫

菊の病害虫

病虫害防除に関して

2011年11月11日 【菊の病害虫】

菊には病原菌や、害虫などによる様々な被害がありますが、ここでは代表的なものについて簡単に説明と防除方法など紹介しています。農薬の使用に関しましてはメーカー指定の希釈倍率、注意事項をよく読んで守ってください。病虫害に対しては、育苗段階からの定期的な薬剤散布が効果的です。
同一薬剤の連用は、病原菌や虫に対して抵抗性をつけるため避けた方がよいです。
また、真夏の日中や高濃度での散布は薬害が出る事があります。
薬剤散布する場合、葉表だけでなく葉裏までムラの無いようにしましょう。
虫害に1番効果的なのはハウス栽培等で、防虫ネットを張るのが好ましいです。

白さび病・黒さび病・褐さび病

2011年11月11日 【菊の病害虫】

 

sirosabibyo.jpg白さび病
(写真をクリックすると拡大できます。)


さび病には、白さび病、黒さび病、褐さび病とあります。


病状:
葉に白色(クリーム色)または、褐色の直径1~3mmの斑点が発生します。わずかな風や潅水の飛沫で伝染します。


発生時期:
発生時期は3月頃~梅雨明けの多雨時期と、9月~10月頃の涼しくなった頃です。


防除方法:
育苗段階から定期的な予防的薬剤散布が基本です。しかしながら、発病した場合は、治療的薬剤の散布が必要です!


予防的薬剤:
ジマンダイセン、エムダイファー、ピリカット、アンビル、コロナ


治療的薬剤:
アミスター、ストロビー、チルト、ポリオキシンAL、マネージ、ラリー

黒斑病・褐斑病

2011年11月11日 【菊の病害虫】

病状:
葉に不規則な褐色の斑点が発生、後に大きくなり円形のような黄褐色の病斑になります。


発生時期:
6月~11月位に発生します。


防除方法:
親株が保持している場合が多いので、発見しだい抜き去りましょう。発病した葉は、圃場外にて廃棄してください。


薬剤:
ダコニール1000、トップジンM、ストロビー、ベンレート

立枯症

2011年11月11日 【菊の病害虫】

病状:
だんだんと葉色が悪くなり、下葉から枯れあがり生育途中でだんだんしおれ枯死していきます。


発生時期:
6月からの多雨時期から、7·8月の高温期にかけてよく見られます。


原因:
1.土壌中の病原菌(リゾクトニア菌類、フザリウム菌、ピシウム菌等)によるもの
2.土壌線虫(キタネグサレセンチュウ、キクネグサレセンチュウ等)によるもの
3.根部分の多湿による根腐れによるもの
等が挙げられます。


対処方法:
1.2.の場合は土壌の消毒が有効です。また、耕作地が水田の場合は採花終了後、水を溜めるのも良いでしょう。連作しないのが1番です。
3.の場合には、露地栽培であれば、畝を高くする、マルチ栽培、ハウス栽培への変更。鉢植え栽培であれば土の状態によって灌水の調節が必要でしょう。
 

薬剤:
クロルピクリン土壌くん蒸剤、バスアミド

べと病

2011年11月11日 【菊の病害虫】

病状:
葉の裏側に白いカビが発生し、後に少し淡褐色になります。カビを発生した部分から退緑、徐々に黄褐色に変化し、最後は枯死します。発病は葉だけに限られます。


発生時期:
露地栽培では5~6月、ハウス栽培では4~5月頃です。


防除方法:
発病株の廃棄処分。低湿度を保つ。通風をよくする。


薬剤:
ジマンダイセン、エムダイファー

灰色かび病

2011年11月11日 【菊の病害虫】

病状:
花・葉・茎に発生します。葉では最初水浸状で褐色の病斑が発生。その後カビがはえます。花では花弁が褐色になり、その後灰色のカビがはえます。


発生時期:
やや低温で多湿になると発生しやすくなります。


防除方法:
発病株の廃棄処分。低湿度を保つ。通風をよくする。


薬剤:
ジマンダイセン、エムダイファー、ゲッター、フルピカ、アフェット、ポリオキシンAL、セイビアー

アブラムシ類

2011年11月11日 【菊の病害虫】

kikusuikamikiri-1.jpg kikusuikamikiri-2.jpg

(写真をクリックすると拡大できます。)


キクに寄生するアブラムシには、ワタアブラムシ、キクヒメヒゲナガアブラムシなど多くの種が存在します。


形態:
体長は1mm~3mm程度です。体色は黄色・緑色・赤褐色など変化に富みます。年間を通じて発生し、特に春先から晩秋にかけて寄生が多くなります。


被害:
主に新芽や葉裏に群がり吸汁するため、葉を黄変・萎縮させます。排泄物(甘露)ですす病が発生したり、ウイルスを伝搬します。花の中でも繁殖するために、著しく外観を損ねます。


防除方法:
開花以降に花の中まで侵入した虫を駆除することは非常に困難なため、蕾がつくまでの防除を徹底することが重要です。銀白色マルチ、防虫ネットを使用し、飛びこみを防ぐ事も有効です。


薬剤:
アドマイヤー、アーデント、マラソン、モスピラン、ベストガード、ロディー、ハチハチ

アザミウマ(スリップス)類

2011年11月11日 【菊の病害虫】

slippus.jpg

(写真をクリックすると拡大できます。)



キクを加害するアザミウマ類は、主にヒラズハナアザミウマ、ミナミキイロアザミウマ、ミカンキイロアザミウマ、ネギアザミウマ等です。

 
形態:
体長は1~2mm、体色は黒褐色から淡黄色です。3~11月に発生し、5~9月の高温乾燥期に急増します。新芽や蕾の中によく生息します。


被害:
成虫が新芽を加害します。展開葉がケロイド状に萎縮、奇形になります。花を加害した場合、花色が退色します。また、えそ病(TSWV)や茎えそ病(CSNV)を媒介します。


防除方法:
定期的な薬剤散布が必要です。また、タイベックや防虫ネットを使用し、外からの飛び込みを防いだり、青色もしくは黄色の粘着板をハウス内に設置し、早期発見および捕殺に努めることも有効です。


薬剤:
アファーム、オルトラン、オンコル、カスケード、コテツ、スピノエース、ベストガード、マッチ、モスピラン、ハチハチ、プリンス

ハダニ類

2011年11月11日 【菊の病害虫】

kikusuikamikiri-1.jpg kikusuikamikiri-2.jpg kikusuikamikiri-2.jpg

成虫
 
成虫と蜘蛛の巣状
 
成虫と卵
(写真をクリックすると拡大できます。)


キクに加害するハダニは、ナミハダニ、カンザワハダニ等です。


形態:
体長は約0.5mmです。3月~10月に発生し、高温乾燥期に多く発生します。


被害:
主に葉に寄生して汁を吸うために、白い小斑点が生じます。ハダニが大量発生すると葉や花にクモの巣が張ったような状態もみられます。被害が進行すると、落葉してしまうこともあります。


防除方法:
大量発生する前からの定期的な薬剤散布を行いましょう。特にダニは薬剤抵抗性が付き易いので同一薬剤の連用は控えましょう。また、ハダニは葉裏に寄生していることが多いので、は裏にも薬剤がかかるようにしっかり散布することが有効です。


薬剤:
アーデント、オサダン、カネマイト、コテツ、サンマイト、ダニトロン、ピラニカ、ペンタック、スターマイト、マイトコーネ、コロマイト

ハモグリバエ

2011年11月11日 【菊の病害虫】

ハモグリバエの幼虫の食害 ハモグリバエ吸汁痕

ハモグリバエの幼虫の食害
 
ハモグリバエ吸汁痕
(写真をクリックすると拡大できます。)


地域によってはエカキムシと言われることもありますが、これはハモグリバエが加害しています。加害するハモグリバエには、主にナモグリバエとマメハモグリバエの2種類がいます。


形態:
体長約2mmの小さなハエです。


被害:
幼虫が葉肉を食害し、葉に長い蛇行線状の食害痕がのこり、外観を損ねます。4月頃~11月頃に発生します。


防除方法:
被害葉は見つけ次第摘除し、圃場から持ち出して処分します。圃場内や周辺の除草を徹底しましょう。黄色粘着板を圃場に設置することにより、早期発見できます。


薬剤:
オルトラン、カスケード、トリガード、コロマイト、ダントツ
これらの薬剤を散布すると葉内の幼虫は死亡するが蛹には殺虫効果がないので、しばらくすると再び発生する場合があります。このような時は数回の散布が必要です。

1|2

 

このページの先頭へ