菊作りニュース

キクスイカミキリ

2011.11.11

キクスイカミキリ被害株

キクスイカミキリ被害部位

形態:
体長約1cmです。黒から黒灰色です。
頭の下方に赤燈色の斑紋があり、腹部は燈色です。

被害:
4月から6月の産卵期に伴い、茎の先端から約10cmの下方の部位にかみ傷を付けます。
傷に産卵する為、傷から上部が萎れます。
産卵された卵から孵化した幼虫が髄部を食害し根部まで降りていき成虫になります。
この食害により株全体が弱り、枯死していきます。

防除方法:
成虫飛来期(4月~6月)に成虫は捕殺し、産卵部は早めに切除しましょう。
発生後の有効薬剤は無いため、ヨモギなどの雑草や菊の古株等、発生源を絶ちましょう。

おすすめコンテンツ

pageTop